WHO WE ARE
見出し画像

WHO WE ARE

こんにちは!Emerging Countries Groupです。
私たちは、2018 年よりアフリカのスタートアップへの投資活動を行っており、現在累計26社へ投資実行しています。

私たちがなぜ”アフリカのスタートアップへの投資”を行っているのか?どんな想いで日々業務を行っているのか?ぜひ知っていただきたいと思い、noteへ投稿を行うことにしました!拙い文章で恐縮ですが、私たちの大切にしている信念・想いを共有させてください

サムライインキュベートは2008年のリーマンショックの最中に、ベンチャーキャピタルとして創業しました。当時は日本に”エコシステム”と呼べるほどのものはなく、スタートアップ同士の小さなコミュニティが存在しているだけでしたが、私たちはその当時から少額ながらもリスクを取り、スタートアップへの投資活動を行うことで起業家を支援し、そして起業家と共に成長をしてきました。
2021年3月末時点でサムライインキュベートは日本国内で計140社以上に投資、計6つのファンドの運用実績があります。

そんな中、2018年に私たちは子会社の”リープフロッグベンチャーズ”を通してアフリカのスタートアップへの投資活動を開始しました。(現在はサムライインキュベートが事業を行っています)
リープフロッグベンチャーズは2018年8月にサムライインキュベート6号からのファンド・オブ・ファンズの形で2億7千万円のファンドを組成し、計20社のスタートアップへ投資を実行しました。
しかしながらここまでの道のりは、決して完璧ではありませんでした。日本のベンチャーキャピタルとしてアフリカでの投資実績・経験も乏しい私たちが、アフリカでどのように活動すべきなのか?日本企業・投資家へのネットワーク提供だけに限らず、他に起業家さんへ提供できる価値はないのか?
自問自答を続け、過去の経験を反省し、学び、次に生かそうとする中で気づいたのは「自分たち自身も変わらなければならない」という事実でした。

そして私たちは今、新たな「サムライインキュベートアフリカ」として生まれ変わります。新しい私たちとはなんなのか?今回、私たち自身について再定義しました。
私たちの言葉に込めた想いを正確に読み取ってもらいたいので、あえて和訳は設定していません。


1) Our raison d'être.(存在意義)
We exist for problem-solvers, builders and doers.

私たちは、プロダクト・サービスの開発やチームビルディングに地道に取り組むことで、目の前にある課題を解決しようとする起業家を支援します。私たちにとって素晴らしいチームとは、口先ばかりで自身のPRに興味があるような人ではなく、しっかりと”実行”に起こし、”遂行”することのできるチームです。


2) What Samurai would like to be for founders(目指す姿)
We are next to founders whenever and wherever

起業家としての人生は、苦難の連続です。予想外のトラブルやありえないような出来事が毎日のように起きます。起業家人生の道のりは長く、そして時に孤独です。
私たち投資家の役割は、単に資金を提供して事業の成長を支援するだけではないと考えています。もちろん事業への支援は重要です。ですがそれだけでなく、私たちは、起業家のメンタルヘルスにも寄り添いたいと思っています。
たとえ物理的に離れていたとしても、起業家が必要とするときには24時間いつでも連絡を取れる存在でありたい。
たとえ深刻な課題や悩み、時にはパーソナルな問題を抱えていたとしても、話したいと思うのであれば、いつでも話を聞きたい。
困難な状況の時にこそ、共に踏ん張る存在でありたい。
私たちの責務は事業を伸ばすだけでなく、起業家の人生すべてを支援することです。
起業家のライフパートナーとなるべく、支援を続けていきます。


3) What we value(大切にしたい価値観)

HONESTY
私たちは、起業家に対して常に誠実でありたいと思っています。無駄な誇張もせず、やると言ったことはやる、やらないと言ったことはやらない。投資という意思決定をしたら、必ずお金を送金します。
そして、起業家にも誠実さを求めます。資金調達や事業、経営が思うようにいっていなくても構いません。ありのままの姿を教えてください。スタートアップの事業において、予想外な出来事が起きるのは当たり前。重要なのは、その時、その課題をどのように解決するか、起業家と共に考える姿勢を投資家として持っていること、そして共にその課題を解決すべく取り組むことです。

RESPECT
投資家として私たちができることは限られています。事業をゼロから作り上げ、人生を懸けて事業に取り組んでいるのは起業家自身であり、私たちは支援者に過ぎません。
私たち投資家はその事実を常に忘れず、謙虚な姿勢であるべきです。
起業家の意志を尊重し、不必要な干渉はせずに、起業家の”実行”し”遂行”する力を信じながらも、必要とされた時には全力で応える。
投資家からお金だけでなく、他にどのような支援が得られるのか常に考えているような、そんな起業家と出会いたい。
お金というコモディティ化してしまう商品を扱いながらも、起業家と投資家の関係はコモディティ化させたくない。”結婚は人生の一番の投資”とも言いますが、人生の長い時間を共にすると考えると、投資こそ結婚のようなものです。
起業家は、慎重に投資家を選ぶべきですし、私たちも正しいパートナーを選んでいきたいと考えています。

No cliché
決めつけはイノベーションの最大の阻害要因です。
サムライインキュベートはあくまで日本のベンチャーキャピタルであり、アフリカの全ての国・産業の現地事情や人々の価値観を完全に理解することは不可能です。事業について、ユーザーについて、一番詳しいのは私たちではなく起業家である。その事実を忘れずに、起業家・他ベンチャーキャピタルやアフリカのスタートアップエコシステムに貢献している全ての関係者から学んでいくことで、既成概念に囚われずに、新しいビジネスを支援していきます。


サムライインキュベートがアフリカのスタートアップエコシステムの中でどのような存在でありたいか、どのような姿勢を大切にしているか、伝わったでしょうか?
同じ想いを持つ起業家と出会い、起業家と共に学び、成長していくことで、アフリカのスタートアップエコシステムに貢献していきます。

次回以降は、私たちと想いを同じくした魅力的な起業家を紹介していきたいと思います!
彼らが何故起業に至ったのか、そして起業家人生をどのように過ごしているのか、お伝えします。楽しみにお待ちください。

ありがとうございます!!
「できるできないでなくやるかやらないかで世界を変える」を理念に掲げる株式会社サムライインキュベートの公式noteです。働くメンバーや投資先、共創パートナーが目指す未来と「今」を発信をしていきます。