新型コロナウイルス感染症に対するSVSの取り組みについて
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型コロナウイルス感染症に対するSVSの取り組みについて

株式会社サムライインキュベートが主催するSAMURAI VISION SUMMITにつきまして、オフライン開催で実施いたします。ご参加される来場者様、登壇者様、並びにSVS運営スタッフの安全を第一に考え、適切な感染予防対策を講じます。

SVSカンファレンス開催における人数規模に関して

会場をご提供いただいております前田建設ICI総合センター Brain Camp様の専門家検証の基準を守ると共に、茨城県のイベント実施マニュアルを遵守いたします

〜基本対応について〜

(1)検温の実施

受付場所に自動検温システムを設置し、カンファレンス参加者全員に検温を実施します。また合わせて、受付時に症状の有無を確認させていただきます。発熱(37.5度以上)、咳など風邪の初期症状がある、あるいは下痢や吐き気の症状のある方はご参加はお断りさせていただきます。また、感染が拡大している地域や国への訪問歴が14日以内にある方のご参加をご遠慮いただきます。

(2)手洗い、アルコール消毒の実施・呼びかけ

受付時にアルコール消毒のお願いをいたします。また各エリアへアルコール消毒液の設置を行いします。また来場者全員へ携帯用アルコール消毒液の配布を行います。

(3)マスク未着用者に対してのマスクの配布

受付時にマスクを着用されていない方へは着用された後に入場案内させていただきます。また会場内にてマスク身着用の方にはスタッフより、着用ご協力のお声がけをいたします。もし、お持ちでいない方や紛失された方がおられた場合は、運営側よりマスクをご提供いたします。

(4)定期的な換気の実施

密閉空間にならないよう、常時窓やドアを開放された状態にて行います。当日の天候により、常時開放ができない場合は、常時ではなく1時間に15分程度開放いたします。

補足①|CO2濃度の測定表示の実施
来場者が滞留する可能性のある5会場(大研究室、体育館、E1研修室、E2研究室、WSルーム)へ株式会社フューチャースタンダードが提供する「リモート換気チェカー」を導入します。感染症対策には室内換気でCO2濃度を1000ppm以下(*)にすることが重要であることが政府分科会から示されています。換気が適切に行われているかを可視化を実施し、適切な感染予防対策を取ります。また「リモート換気チェカー」の画面(※1)を受付にて常時各会場のCO2濃度を表示を行います。
*参考(厚生労働省): https://www.mhlw.go.jp/content/000695178.pdf

画像2

スクリーンショット 2021-08-17 15.01.35

(※1)実際の「リモート換気チェカー」の画面

補足②|5会場以外のリスク検知の実施
株式会社フューチャースタンダードが提供する「ハンディ換気チェッカー」で5会場以外の場所を定期測定を実施します。CO2濃度が1000ppm以上に至る可能性があるエリアを検知、対策を取ります。

スクリーンショット 2021-08-17 15.13.42

〜会場内主要ポイントでの対策について〜

受付の対策

受付オペレーションに株式会社フューチャースタンダードが提供する「AI検温パスポート」を導入します。
スタッフ関係者及び、来場者全ての方々へサーマルカメラを通した検温&記録にご協力いただきます。検温結果印刷紙の提示と引き換えに受付にて、入場PASSをお渡しします。AI検温パスポートは、検温結果の情報提供が必要な場合、後日でも画像データと検温データを引き出すことが可能です。

画像1

大研修室(セッション会場)の対策

・入場者数の制限
・座席間隔の確保
・開催中常時換気の実施
・入室時のアルコール消毒
・セッション後、観覧者の退場および、椅子等の消毒実施
・「リモート換気チェカー」の導入

E1研修室・E2研究室・WSルーム(PROJECTS会場)の対策

・入場者数制限
・事前予約制
・開催中常時換気の実施
・各回終了時椅子等の消毒の実施
・「リモート換気チェカー」の導入

休憩・会議スペース

・テーブル、椅子セットの間隔を確保
・使用後の消毒実施

食堂・飲食スペース

・入場者数制限
・座席間隔の確保
・常時換気の実施
・定期的な消毒の実施
・テイクアウトの実施(屋外エリアでの飲食を促す)

体育館(パブリックビューイング兼SAMUARI SHOUT!会場)の対策

・入場者数の制限
・開催中の常時換気の実施
・「叫ぶ」コンテンツのため、スピーカーおよびMCの周りに透明なアクリル板の設置
・使用後のマイク、拡声器の消毒の実施

以上でございます。
新型コロナウィルス感染症対策の取り組みに変更がありましたら、更新いたします。皆様のご理解ご協力を賜れますよう、よろしくお願いいたします。

                           SVS運営より
                        2021年8月17日更新


ありがとうございます!!
「できるできないでなくやるかやらないかで世界を変える」を理念に掲げる株式会社サムライインキュベートの公式noteです。働くメンバーや投資先、共創パートナーが目指す未来と「今」を発信をしていきます。